脱毛において日焼けはご法度と言われている事をご存じのとおりで、これは、体中のどの部分において同じことが言えますが、自己処理でカミソリやピンセットによる脱毛やワックス脱毛を行っている方にはあまり知られていない事かもしれません。

実は脱毛には日焼けはNGと言われているのは、光脱毛や医療レーザー脱毛を行う場合には日焼けをしていては脱毛を行う事ができませんと言われてしまうのです。
光脱毛や医療レーザー脱毛では、黒色に反応する特殊な光やレーザーを照射することで、毛根などの毛の生えてくる組織に直接熱を与え、破壊するという仕組みの脱毛方法になるからです。
黒色に反応させ、その黒色の部分に熱を与えるという事は肌が黒い場合には肌にも直接熱を与えてしまう事になります。
直接肌に熱を与えてしまうと火傷を負った時のような症状になってしまいますので、日焼けをしていては光やレーザーを照射することができませんということになります。

そして、眉毛脱毛においては、特に注意をする必要があり、眉毛は顔の一部となりますので、万が一火傷を負ってしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。
さらに眉毛は目の上にある部位となりますので、どんな方でも真っ先に目につく部分となります。

そのため、日焼けをしないようにしっかりと日焼け対策をする必要があります。
眉毛の場合の日焼け対策は多くの方が日焼け止めクリームなどの他に帽子をかぶるという事を行っていると言われています。
帽子を深くかぶることで眉毛には直接日が当たらなくなりますので、効果的な日焼け対策になります。

また、眉毛の産毛の部分では出力を上げる必要がある事もあります。
出力を上げるという事は黒い色に敏感に反応させるということになりますので、日焼けをしてしまうと肌へのダメージも大きくなりますのでしっかりと日焼け対策を行うようにしてください。